洗礼を迷ってるLGBTクリスチャンへガチ百合が励まされた聖句を紹介します

a0100_000022_m

こんにちは、ガチレズクリスチャンのあやめです。

クリスチャンの儀式のひとつといえば洗礼。

今でこそ「プロ野球の洗礼を受ける」というように高校野球で大活躍した選手がプロの世界に入って大変な目にあうようなときに使うこともありますが

体を水に浸したり、頭に水をかけたりして罪をきよめキリスト教徒となる儀式のことを指します。

洗礼を受けたいけれども、LGBTだからと悩んでいる人。

わたしもかつてその1人でした。

ある聖句に励まされたので、紹介したいと思います。

レズビアンであることを牧師に告白していない

わたしは、高校3年生のときに洗礼をうけたんですが、かなり怖かったですね。

まだガチ百合クリスチャンとしてのアイデンティティができていなかった時期です。

インターネットもうまく使えていなかった高校生です。

どうやってこの問題を解決しようか。

ノーヒントで東大の問題集を説いている気分でした。

神さまが好きだ、洗礼を受けたい。

だけど自分はレズビアン。どうしよう。

私と年が近い人がおらず相談できません。

もやもやした気持ちを抱えながら洗礼の準備は進んでいきました。

 

結論が出ないまま、洗礼式当日

心臓はバクバクしていました。

このまま、洗礼を受けていいのか。

いっそ、まだ準備ができていないと逃げるか。どうする。

そんな気持ちで聖書を睨みつけていました。

そんな時、この聖句が見つかったのです。

ガチ百合クリスチャンが励まされた聖句

 

マルコによる福音書9章38-41節

38ヨハネがイエスに言った。「先生。先生の名を唱えて悪霊を追い出しているものを見つけましたが、私たちの仲間ではないので、やめさせました。

39しかし、イエスは言われた。「やめさせることはありません。わたしの名を唱えて、力あるわざを行いながら、すぐ後で、わたしを悪く言える者はないのです。

40私達に反対しない者は、私たちの味方です。

41あなたがたがキリストの弟子だからというので、あなたがたに水の1杯でも飲ませてくれる人は、決して報いを失うことはありません。これは確かなことです

いのちのことば社 聖書 新改訳 1970年

私達に反対しない者は私たちの味方です

私達に反対しない者は私たちの味方です。このことばの力強さに落ち着きを取り戻しました。

わたしは、たしかにレズビアンだ。

聖書の中で批判される存在なのかもしれない。

だけど、イエスは

私達に反対しない者は私たちの味方です。

と確かに言ってくれている。

わたしは敵じゃない。味方だ。

だから大丈夫。

こうして、わたしは洗礼を受けクリスチャンとなりました。

そして、いろんな行動のすえ、ガチ百合クリスチャンであることを受け入れることができたのです。

 

小さくても確かな信仰があれば大丈夫!

1 個のコメント

  • はじめまして。「キリスト教のリアル」について書かれていた記事がツイッターで流れていたのを拝見してやってきました。
    私もクリスチャンです。クリスチャン界隈でこのブログのタイトルを前面に出すのは攻めてるなぁ・・・と驚ろいたと同時に、とても勇気をいただきました。
    ただでさえネットの世界は誹謗中傷などが目に届きやすいですし、クリスチャンの中でも心ない言葉づかいをする人はたくさんいます。(わざとでないにしろ)
    勇気あるあやめさんの活動、神さまにあって祝福されますようお祈りいたします。