田舎フリーランス養成講座8日目:肩書き変えてみた

こんにちは、あやめです。

 

金谷に来て8日が過ぎました。

 

礼拝に出てみたり、美味しいコーヒーを飲んだりと

 

楽しい休日を過ごしました。

 

今までの肩書き「ガチレズクリスチャン」から

 

「クリスチャンライター」へと変更することにしました。

 

肩書きらしさが一層強くなり

 

濁点がなくなったので軽いイメージになりました。

 

ガチレズクリスチャンからクリスチャンライターに変えた理由は

  • とがらなくてもよくなった
  • 間違えられることがあった
  • 呼ぶ方も呼ばれる方もしんどい

 

という理由があったためです。

 

とがらなくてもいい時期になった

ブログを始めた初期のころ

 

自分のブログをどのように運営していくかあまり考えていませんでした。

 

目立つにはインパクトが大事なのではないかと考え

 

LGBT+百合+クリスチャンを合体させた

 

「ガチレズクリスチャン」という肩書きを考えたのでした。

 

曲がりなりにも1年以上更新し続けることができ

 

キリスト新聞社の松谷さんとお仕事ができたので

 

インパクト重視の名前はそろそろ変えてもいいだろうと

 

名前を変更することにしました。

 

ハンドルネームと間違えられやすい

 

ガチレズクリスチャンあやめは

 

間違えなくインパクトがあります。

 

初対面の人にも覚えられる自信があります。

 

しかし、あまりのインパクトの強さに

 

オフ会などで「ガチレズさん」「ガチ百合さん」と

 

呼び間違えられることがかなり多かったのです。

 

 

そのたびに「あやめ」と読んでくださいと訂正していましたが

 

「いちいち訂正しいないといけない名前を名乗る必要はあるのか?」

 

とうすうす思っていました。

 

名乗る方も呼ぶ方もしんどい

いちばんこまったのは人に紹介されるときです。

 

自覚していますが、ガチレズは差別用語。

 

ある程度LGBTに詳しい人なら、気軽に言えない言葉なのはわかります。

 

なので、わたしのことをどう紹介したらいいのか言葉に困ってしまうのです。

 

顔を見合わせてうーん

 

となってしまうこともよくありました。

 

 

それからというもの、人に会うときはふつうに「あやめ」と名乗るようになりました。

 

ガチレズクリスチャンと名乗ることはリアルではぼぼありません。

 

呼ぶ方も呼ばれる方もモヤモヤしてしまう肩書きなら

 

いっそ変えた方がいいという結論に至りました。

 

 

 

これからはクリスチャンライターです

以上の理由から、

 

「ガチレズクリスチャンあやめ」を改め

 

「クリスチャンライターあやめ」になりました。

 

一部直っていないところもありますが、順次直していきます!

 

これからも、たくさんの記事を描いていきたいと思いますので

 

 

これからもよろしくお願いいたします!

 

それでは!