部下が成人しているか不安な人たちへ:年齢が分かる4つのアイディア

こんにちは、あやめです。

 

仕事をしていると、定期的に発生するイベントが飲み会。

気の知れた仕事仲間とワイワイ過ごすのは面白いですよね(*´∀`)

しかし、そこで問題になるのが参加者の年齢。

未成年の飲酒は日本では違法ですからね、未然に防ぎたいところです。

 

 

特に高卒の新入社員の場合、入社1~2年目だと成人しているかビミョーなライン

履歴書や免許証を見れる機会でもなけば

その子の年齢を確認するのは(女の子の場合は特に)ちょっと大変。

 

セクハラとでも言われたら、会社で立つ瀬がなくなってしまいます。

そこで、本人に直接年齢を聞くかわりに、成人しているかいないかのポイントを紹介します。

 

1早生まれかどうかを聞く

 

日本の学年区切りは4月2日~翌年の4月1日まで。

年をとる順番は

4/5/6/7/8/9/10/11/12/翌年1/2/3(+4月1日)

となります。

ここでのポイントは翌年1~3月生まれの人。つまり、早生まれです。

年をとるのが遅い=20歳になるのも遅いので、未成年の可能性が高いです。

 

2干支を聞く

早生まれのときと似たようなパターン

年齢早見表を元に、成人しているか確認してみてください。

2017年の場合、寅年と答えたら未成年の可能性大です。

 

3生まれた季節や月を聞く

干支、早生まれの年を聞いたときには、生まれた季節または月も聞きましょう。

20歳になる年であっても、誕生日がまだ来ていない可能性があるからです。

月の場合は、今の月よりもあとだったらまだ誕生日が来ていない可能性があります。

生まれた季節を聞いて秋冬だった場合は、誕生日が来ていない可能性があるので要注意。

 

4星座を聞く

星座は生まれた日に対応しているので、年齢がとてもわかりやすいです。

星座対応表はこちら

とくに、注意したいのが次の星座だった場合

  • やぎ
  • みずがめ
  • うお
  • おひつじ

未成年かもしれないので一応注意しておきましょう。

 

5免許証を見せてほしいとお願いする

まだるっこしい手を使わないで、

「成人しているかわからない人を飲み会に連れて行くのが怖いか免許書見せて!」

とお願いしましょう。
公式書類を見るのが一番確実(*´∀`)

無事に20歳だったらお酒の席で

疑ってごめん!と言っておきましょう。

 

お酒との付き合い方を教えてあげてください

ここまで読んでくれた人たちには当たり前のことだと思っていますが

お酒は、人の判断能力をカンタンに奪います。

酔ったまま運転すれば、事故を起こす可能性がありますし

警察に捕まれば、免許の取り上げになります。

 

また、お酒に慣れておらず、一気飲みになってしまい

命を危険に晒すことにもなりかねません。

 

もしも、部下が未成年なら

  • お酒を飲むことと、一緒にお酒を楽しむことは別物であること。
  • ジュースとは飲み方が違うこと。

じっくり教えてあげてください(*´∀`)

 

お酒は20歳になってから

それでは!