ガマンするほどツライ仕事は9割「合わない」仕事だ

こんにちは、あやめです。

ニートを脱却して一月以上がたちました。

介護職というハードワークですが毎日が楽しい(*´ω`*)

私が今の仕事を楽しく続けられるのは自分に「合う」仕事に出会ったからです。

 

辛い仕事があるんじゃなくて合わない仕事があるだけ

 

私が大学を卒業して就職したのは、とある家族経営の会社で

事務職として働いていました。

 

楽でいいじゃん!と思うかもしれませんが

 

  • 毎日お茶くみ
  • 書類の整理
  • 電話対応

 

役に立ってる!という認識もなければ

習得したいスキルも見当たらない

 

私にとってはガマンを強いられるほど「ツライ」仕事だったのです。

3年後、ガマンが限界に達してやめてしまいました。

 

性に合う仕事は楽にできる

自分にとって得意なことは、楽しくできるものです。

 

1年のニートを経て、転職したのは介護職でした。

事務職と比べれば正反対の職種です。

 

  • 想像がつかない
  • 資格を持っていない

 

というマイナススタートで、はじめは不安でしたが

おじいちゃん・おばあちゃんとお話するのは楽しいし

耳の遠い方とも楽にお話ができる。

 

とにかく、「楽」

余計な力が入らないと言う意味で「楽」だったのです

 

もしかして、性に合ってるのかも?直感的に感じて。

そのまま仕事を続けています。

 

自分のスキル不足でできないこと、注意されることもたくさんありますが

  • 早く仕事を覚えたい!!!
  • 早く一人前になりたい!!!

今までの社会人生活で一番やる気が湧いています。

 

 

仕事がツライのは、自分の強みに合ってないせいだ

 

どうしても仕事がツライ。いつもガマンしている…というなら

それは合わない仕事をしているせいかもしれません。

一度仕事を離れて、何が自分にあっているか、確かめてもいいでしょう。

 

何が自分の強みなのか、診断するのはいまとてもカンタンになっています。

自分の強みにフォーカスするならストレングスファインダーがオススメ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
トム・ラス
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 51

 

強みを知って楽にできる仕事を探しましょう!

それでは!