【朝活】4時起きを実践してわかった4つのメリット

こんにちは、あやめです。

今回は朝活してわかったメリットについて

朝4時に起きてみると、とってもオトクなことばかりでした!

 

 

朝活のメリット1:一日が長くなる

mezamashidokei

朝活して一番のメリットは、一日が長いことです。

朝勉強していたときにノートを使い切ってしまったことがあったのですが

買い出しに出かけようとしたらまだ8時半。

 

2~3時間勉強したのにまだ8時半でコンビニくらいしか開いてなかったんです。

朝早く起きたんだから当たり前ですよね。

でもその時、一日が長くなった!と

とてもお得に感じました。

 

 

朝活のメリット2:タイムラインがおとなしくなる

sns_morning

朝4時は大体の人が寝ています。

ツイッターやフェイスブックといったSNSの書き込みも少なくなるんですね。

朝にツイッターを覗くと書き込みをしているのは

 

  • 早起きの人
  • 徹夜で仕事や勉強をしている人
  • 寝られない人
  • 時差の関係で昼間時間の人
  • bot

くらい。

 

朝の時間のTLは昼間や夜に比べて見るものが少ないので

さくっと覗いてやりたいことができます。

寝る前にツイッターやフェイスブックのタイムラインを見てしまって夜更かしになりがちなら

ぜひ一度、TL覗きを朝の時間にしてみてください。

 

朝活のメリット3:楽しみながら出かけられる

kazoku_driving!

昼頃起きていたとき

やりたいことを終わらせて出かけようとすると夕方になっていました。

お出かけは楽しいことのはずなのに

また時間を無駄に過ごしてしまった…。

と落ち込みながらお店に足を運んでいたんですね。

 

朝に起きてからというもの

一日過ごしてみてこんなものが足りてなかったから買い足そう。

明日はこんなことしたいからあれを手に入れたい。

今日はどんなことがあるかしら。

 

とワクワクしながら外に出ることができたんです。

お出かけは楽しいことなんだ!

と再認識できました。

 

朝活のメリット4:人と触れ合う時間が確保できる

kusamushiri

わたしにとって一番のメリットです。

人と触れ合うのが大好きだと、つい時間を使いすぎてしまいます。

 

ふつうの人と同じ時間帯で生活していると

 

  • 家族から送り迎えを頼まれる。
  • 教会での活動が長引いて夜遅くまでかかる。
  • お茶の稽古がエキサイトして長引く。

 

など人と触れ合う時間がかかり、じぶんのやりたいことの時間を削るしかありませんでした。

楽しいことをしてるはずなのに、心のどこかで焦っていたんですね。

 

朝4時に起きてやりたいことをやりると思い残すことがなくなります。

時間が押してしまっても

「早く終わってくれないと、やりたいことができない!」とイライラすることなく

思う存分人とのふれあいを楽しめるようになりました。

 

朝活のテキストなら一流の睡眠がオススメ

朝活をしてみたい!

という方には「一流の睡眠」がオススメです。

一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略
裴 英洙
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 7,285

睡眠に関する知識がぎゅっとつまった一冊なので今日から始められます。

メリットいっぱいの朝起き!オススメです!