好きなことならジャンルは増やしちゃえ!ブログを書き続けて見つけたこと。

-shared-img-thumb-PAK85_prezentforyou1039_TP_V

こんにちは、あやめです。

2015年の6月から1年以上ブログを書き続けています。

1年ブログを更新するなかで、扱うジャンルが少しずつ増えていきました。

ブログって、ずっと同じジャンルじゃないといけないんじゃない?

と思うかもしれませんが

わたしの場合は、好きなジャンルが増えているうちにブログを書くのが楽しくなったのです。

 

スタート:茶道ブログ+雑記ブログ

a1700_000002_m

2015年にブログを始めたとき

主軸にしたのは、なんと茶道でした。

茶道にまつわる記事や着物のことなどを記事にしていたのです。

当時は会社員だったため、万が一会社にブログの存在がバレてもいいようにと

世間体の良さそうなジャンルを選んでいたのです。

自分のことを表現するのが苦手なチキンでした。

あたりさわりのない記事を書いていると、だんだん自分の中に渇きがあることに気が付きました。

お行儀のよいことばかりでつまらなくなっていたのです。

もっと書きたいことがあると気がついたとき

私は新しいジャンルを扱うことにしました。

 

百合をジャンルを取り入れてみたら、ブログが楽しくなった

yurisakuhinn

私が茶道の次に書きたくなったもの、

それは百合という女の子同士の友情や恋愛を描いたジャンルでした。

大学生の時から、ガールズラブフェスティバルという百合同人誌の頒布会にでかけたり

自分でも百合小説を書いました。

ブログでは、人に言われないで続けてきた大好きなものを扱うと継続しやすいと言われています。

百合は、まさに人に言われることなく続けていたものだったのです。

百合をテーマに扱うようになると、作品を紹介したくなったり、百合に対する思いがかけるようになりました。

世間の目にしばられない、自由な表現をできるようになったのです。

 

 

キリスト教を入れたら自由にブログが書けるようになった

a0100_000022_m

百合を語り尽くし幸せでした。それでもまだ、語りたいことがありました。

キリスト教です。

今でこそたくさんのクリスチャン記事を書いていますが、記事にする前は相当に悩みました。

日本はクリスチャンの少ない国です。

私がキリスト教や聖書を記事にすることに価値があるとは思えなかったのです。

それでも、書きたくて仕方ありません。

ある日勢いで書いてみたら、思いのほか楽しく

キリスト教や聖書ネタがどんどん増えていきました。

そして、ガチ百合クリスチャンとう肩書を見つけ

今では、ガチ百合クリスチャンだけどなにか?と名乗れるようにまでなったのです。

 

ブログは好きなことを思いっきり書こう!

1年間ブログを書き続けていくうちに、自分の中の好きと向き合うことができ

今では好きなことを書くことができます。

他のジャンルで迷っていたら、エイヤとジャンルを増やしてみましょう。

新しい自分が見つかるかもしれません!

それでは!