極楽とんぼの山本さんから学ぶクリスチャン生活が難しい理由

a0100_000022_m

こんにちは、あやめです。

クリスチャンとして生活していると、辛くなってくる時があります。

  • 仕事や部活があって毎週礼拝に出られない
  • 教会のお手伝いができない
  • 一緒にいるだけで嫌になる人がいる
  • 怒りがこみ上げてくる
  • 恋人やパートナーとケンカしてしまう

神様を信じてクリスチャンになったのに…と自信をなくしてしまったり

教会から離れてしまうこともあります。

どうして、神様を信じて生きていくことが辛いのでしょう。

それは、私たちが罪の精算をキチンと行っていないのです。

今回は、先日謝罪をした極楽とんぼの山本圭一からクリスチャンの生き方が辛い理由を解説します。

 

 

謝罪から目を背けていた山本さん

10年間という月日を経てテレビに現れた極楽とんぼの山本さんですが

謝罪しない代わりに10年間隠れ続け、昨年フリーの芸人として活動します。

しかし、めちゃイケメンバーはそのことを良しとしませんでした。

10年ぶりにレギュラーメンバーと対峙した山本は「お久しぶりです!」と少し笑顔を浮かべながら再会のあいさつ。一方で、メンバーたちは神妙な面持ちで「俺だけかどうかわからんけど、想像してたのとちょっと違うな」と岡村隆史が漏らすと、矢部浩之も「あんま笑顔でくるとは思わなかった」。山本とメンバーの10年間の“溝”が浮き彫りになった。

その後、岡村らから復帰までの姿勢について指摘されると「甘えてる。嫌なことから逃げる。自分一人じゃ何もできない。一番は、俺がバカだったということです」と反省。よゐこ・濱口優から促される形で「大変申し訳なく思っています。(被害女性は)どこで何をしているかはわかりませんけど、10年という年月が経ちましたけど、申し訳ございませんでした」と土下座で謝罪した。

 

山本さんはめちゃイケメンバーや相方の加藤さんの協力により

10年間できなかった謝罪という過去の精算ができたのです。

逃げまわってた山本さん馬鹿だなと笑うこともできますが

自分の罪から目を背けてしまうクリスチャンにとって覚えのあることではないでしょうか。

 

神様の目からは誰もが罪人

神様には、眼に見えないような小さな罪までも数える方です。

ごまかすことなどできません。

殺人や窃盗は目に見える罪ですが、人を憎んだり妬んだりするのは目に見えない罪です。

実際に罪を犯していなかったとしても、心の中で思うならばそれも罪と数えられてしまいます。

長い年月をかけて忘れてもらうことはできません。

私達はどこまでいっても罪人なのです。

 

罪を全部買い上げてくださった方、それがイエス

どんなに善い行いをしても、悔い改めなければその罪は消すことができません。

幸い、山本さんには彼を慕う人たちがたくさんいて支えられていました。

そして、相方の加藤さんが何年も、何度も頭を下げ

コンビとして謝罪することにより過去を精算することができました。

山本さんには協力者がいたのです。

 

私たちはどうでしょうか。

どんな罪があったとしても代わりに頭を下げてくれる人がいるでしょうか。

立ち去ることなく支えてくれる人がどれだけいるでしょうか。

ひとりだけいます。イエス・キリストです。

イエスは、私たちの罪の身代わりのために頭を下げる以上のことをしてくださいました。

十字架にかかり、私たちの罪を代わりに買い取ってくださいました。

謝罪の場を作ってくださったばかりでなく、罪を代わりに買い上げてくださったのです。

 

買い上げに必要なもの、それは告白という明細書

自分ではどうしようもできなかった罪をイエスは全て買い取ってくださいました。

お買い上げした人に渡すものは何でしょうか。それは明細書です。

イエスは、罪の告白という明細書を出すことによって罪を許して下さるのです。

ヨハネの手紙第一 1章8~9節

8もし、罪はないと言うなら、わたしたちは自分を欺いており、真理は私たちのうちにありません。

9もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、全ての悪から私たちをきよめてくださいます。

10もし、罪を犯していないと言うなら、私たちは神を偽り者とするのです。神のみことばは私たちの上にありません。

いのちのことば社 聖書 新改訳 1970年

公式の場で謝罪する以上になんともお手軽なやり方でしょうか。

それすらも、私たちはサボってしまいがちになるのです。

しかし、罪の告白をしないなら、キチンと明細書を出していないことになるのです。

 

クリスチャンと罪の告白はセット!

クリスチャン生活は、洗礼という儀式でゴールではありません。

正しいものとして生きていくために、自分の罪に立ち向かわなければいけないのです。

私たちの神への罪はイエスの十字架によりなくなりました。

あとは罪の告白という明細書を出すだけです。

人に聞かせることはなく、神様との祈りのときに言い表すだけでいいのです。

キチンと神様の前に精算しましょう。

それでは!