継続力がないので、10年続いている茶道を分析してみて気がついたこと

a1700_000002_m

こんにちは、あやめです。

私には継続力がありません。それでも続いているものがあります。

それは茶道です。

なぜ茶道だけが続くのか分析してみることにしました。

そしてあることに気がつきました。

茶道には、始める時があるです。

 

始まる時間が決まっている

 

茶道は毎週○曜日の○時からと時間が決まっています。

その時間までには着物や道具を揃えて稽古場に向かいます。

 

中学生の時は、めんどくさくてやりたくない時もありましたが

「お茶飲むだけでいいから!」と母に引っ張られたこともありました。

稽古場に入ってしまえばもうやるしかありません。

 

初めのころはいやいやな時もありましたが、この時間に稽古場に入る

という決まり事により、なんとか10年続きました。

 

始めるを続けた結果10年になった

今は曜日の感覚をを忘れて先生からメッセージが入ることもありますが、

その時は、2部式というセパレートタイプの着物を持っていき

できるだけいつもの稽古スタイルに合わせます。

 

そして、4時間ほどみっちりと稽古をつけてもらい

後に次回の稽古日をもう一度確認して

また次の週に備えるのです。

 

4時間の稽古は疲れることもありますが、

はじめなければ、その稽古もできません。

 

大事なのは、始まる時。

時なのです。

 

 

どんなものにも始まる時がある

N811_oyatunojikanwosasutokei_TP_V

お茶にかぎらず、どんなものにも始まる時はあります。

よく考えれば当たり前ですよね。

 

普通のお店だって、開店時間は決まっているし

アプリやゲームのリリースの日時だって決まっています。

 

最近話題のポケモンGOだって

なんどもデマにだまされていますが

いつか始まる時が来るのです。

 

それまでにお財布にお金があるか確かめたり

手に入れたいものをピックアップしたり

淡々と準備を進めればいいのです。

 

始め時を逃したら、少しだけ近づく

そうか!時か!そしたら○時に始めるぞ!

と意気込んでいても始められないことがあります。

 

10年続けている茶道ですが、一時期離れたことがありました。

大学進学です。

卒業して地元に戻ったあと、なかなか始められませんでしたが

お茶会などに顔を出すうちに、また始めることができました

 

なんとなく始めにくくなった時には

もう一度道具の確認をしたり、準備運動をしたりして

また始められるテンションに戻して始めればいいのです。

とにかく、自分が自由に使える時に気がついたら

少しだけ、継続したいことに近づくのです。

 

継続は時の積み重ねである

1日は24時間あります。

どれだけ忙しい人でも、仕事の合間にツイッターを覗きに行ったり

アプリで遊んだりする時間はあります。

そうやって少しずつ続いたものが、継続という形になっていくのです。

一度タイミングを逃してもまた始めればいい。

そのくらいの気持ちで積み重ねようと思います。

それでは。