何かで失敗したときに私が唱える魔法の呪文

こんにちは、あやめです。

何かで失敗したとき、気持ちを切り替えるのがとても苦手でした。

色んな本を読んで、試したことがあります。

が、ことごとく失敗してきました。

自分は、気持ちを切り替えることすらできないのかと

途方に暮れていたときに、あるできごとを思い出しました。

そして、とっておきのことばを見つけました

それは「残念でした!」です。

このことばを心のなかで唱えると

失敗したできごとに残念だったという

ラベルを付けて整理することができるようになったのです。

 

なぜ「残念でした!」なのか

残念でした!ということばはもともと

10歳年下の従兄弟と的当てゲームをして遊んでいたときに使っていたことばです。

100円ショップで売っているマジックテープをはったボールやダーツを

的に当てるゲームなのですが、

的にボールが当たった時には何点!とコールしてあげるのに

的に当たらなかった時にはコールがなかったのです

当たった時しかコールがないのがつまらなかったわたしは、

ボールが的から外れたときに

「残念でした!」とコールすることにしたのです。

それからというもの、的当てゲームが失敗を含めて面白いものになり

従兄弟にとって的当てゲームは「残念でした!ゲーム」になったのでした。

 

失敗=挑戦の結果

この日本では、失敗はよい物ではありません。

人に迷惑をかけるなと言い聞かされていて

安全な道ばかり取ってしまうのです。

しかし、失敗をしたということは挑戦をした結果です。

挑戦をしないものに失敗はないのです。

失敗というラベルが集まれば集まるほど

わたしは果敢に挑戦したのだ!という証になるのです。

 

失敗の分析の先に成功がある

失敗には必ずどこかに原因があります。

失敗を分析した上で、原因を見つけ出すことが重要なのですが、

失敗に慣れていない人がつまずくと

失敗したという事実にパニックになってしまうのです。

そこで一度

「残念でした!」とつぶやくと

この挑戦は失敗したという気持ちから

この挑戦は残念だった!

という気持ちに切り替えることができるのです。

ことばを少し変えるだけで、

どこが残念だったのかと冷静に考えることができます。

 

失敗もまるごと楽しもう

失敗は日本人の感性では歓迎されるものではありません。

どうしても人に迷惑をかけてしまうのです。

それでも人は小さな頃から人に迷惑をかけまくって

成長してきたのです。

成長を望む人にとって、失敗はまさに成功のもとです。

ここまで挑戦できたのだという証なのです。

失敗したときは心のなかで唱えましょう!

残念でした!