「とある結婚」はLGBTsと結婚の教科書にしたいレベルのマンガだった

こんにちは、あやめです。

レズビアンなクリスチャンです。

百合を目当てにとある結婚というマンガを買ったのですが

LGBTsと結婚に関する教科書にしたいレベルでした。

レズビアンである私にとって

わかる、わかるぞ!という場面がてんこ盛り。

思わず涙したシーンも有りました。

今回はとある結婚について解説します!

 

内容紹介

◆森島明子さん推薦! ――「同性婚」という新しい選択肢と 「結婚」という名の古い価値観に苦しむリアル―― ◆プロポーズから始まる新世代の百合マンガ カリフォルニア州ロサンゼルスに住む女性同士のカップル、ドイツ系アメリカ人のアンナと、日本人の早紀。 同性婚を禁じる“提案8号”の違憲判決を機に、アンナは早紀に求婚する。 翻訳の仕事も軌道に乗り始めて幸せいっぱいの早紀だが、結婚を知った上司の反応は……。 父との関係に悩むアンナ。周囲の無理解に直面する早紀。 結婚し、養子を得て幸せな家庭を築いていたが、パートナーを亡くした隣人のショーン。 ロサンゼルス在住の著者が描く、とある結婚の物語。

テーマはズバリ結婚

男女のカップルがカンタンにできて、

セクシャルマイノリティには難しいことはなんでしょう?

それは結婚です。

性婚は、認められている国は多くありません。

今回の舞台は、数少ない同性婚承認国

アメリカのロサンゼルスを舞台に

レズビアンカップルのアンナと早希の結婚を取り巻くお話が進みます。

 

結婚への壁1:LGBTsとキリスト教

キリスト教国であるアメリカならではの問題です。

聖書には、同性愛を罪とする記述があり、

それを根拠に同性愛は罪であるとする教会が多くありました。

そのため、LGBTsはキリスト教の世界で生きにくくなっているのです。

アメリカ人の父を持つアンナもそんな聖句に苦しめられていたひとりでした。

アンナはそれを乗り越え、早希といっしょならば幸せになれると信じ、プロポーズするのです

LGBTsに理解のある教会は少しずつ増えてきていますが

聖句に傷つけられている人もまだ多くいるはず。

そんな方に、ぜひとある結婚を読んで勇気づけられて欲しいです。

 

結婚への壁2:親へのカミングアウト

セクシャルマイノリティが自分らしく生きるために越えなけれ行けない壁。

それは親へのカミングアウトです。

友達とルームシェアするということでならば同性も可能ですが、

結婚となると、親に報告しなければいけません。

アンナは、恐ろしい聖句の載った聖書を渡した父が

ずっと恐ろしいままでいました。

しかし、それでも早希といっしょなら幸せになれるという確信のもと

父に結婚の報告をするのです。

一番身近な人に、本当のことを伝えるのは難しいです。

受け入れてくれるかわからない、もしかしたら絶縁されることもあるでしょう。

とても勇気のあることだと思います。

 

 

結婚への壁3:職場での差別

制度として同性婚が整えられても、

人々から偏見がすぐになくなるわけではありません。

レズビアンの早希は、昔から周りのうわさ話に敏感で

ビクビクしながら暮らしていました。

高校生の時には、レズビアンであることを疑われ

それを払拭するために男の子とつきあってみたことさえありました。

アンナからプロポーズをされた時にも、うまく返事ができないでいました。

あるとき、インターン先の上司にレズビアンであることがバレて

解雇されてしまいます。

ワーキングビザが降りれば、アンナと一緒に暮らすことができる。

そんなモチベーションで働いてきた彼女にとって

仕事の腕ではなく、セクシャリティを理由に解雇されることは、

絶望的なできごとでした。

ふつうに働いているだけなのに、セクシャリティを理由に解雇するということは

たまにですが、リアルにもあります。

ただでさえLGBTsには生きにくい社会なのに、

差別を受けてドロップアウトしてしまった人達がどれだけいるでしょうか。

そんなことを真剣に向き合うことができます。

 

とある結婚は、LGBTsと結婚に関する教科書にしたいレベルのマンガだった

内容・ボリューム的に読み応えのあるマンガでした。

作者さんのLGBTsに関するコラムも載っていて

LGBTsと結婚について理解するにはすばらしい教科書に匹敵するマンガです。

ぜひ一度手にとってみて下さい!