貧血で倒れたらなに食べる?ガチ百合のオススメはこれ

こんにちは、あやめです。

本日大変なことがありました。

-shared-img-thumb-OOK863_neccyusyou_TP_V

朝起きたときに、倒れてしまったのです。

今回は母が見つけてくれましたが、これがひとりだったらと想像すると、とても怖かったです。

実は昔から貧血気味で、中高生の時は早退していた時期もありました。

大学時代も、貧血で倒れてしまい、医務室に運ばれたことも。

ここまでくると、貧血と付き合わなければなりません。

今回は、貧血で倒れたときにわたしが食べている食品について解説します。

貧血の特効薬:糖分

-shared-img-thumb-N811_hagatagatuitachoko_TP_V

人が倒れたときに、水を飲ませるのが一般的ですが、

わたしのオススメは、糖分を取ること。

水を飲ませて立ち上がれなさそうな時は、糖分を取ることをオススメします。

糖分と聞くと、ダイエットの敵!と思う人もいますが

倒れてしまうようなときには、糖分はよい働きをしてくれます。

血圧が上がらないときに

起きた途端に倒れたということは、血圧が上がらなかったということ。

糖分をとってムリヤリ血圧を上げて、その後必要な栄養素を取る作戦です。

水を飲んで、立ち上がることができなければ

とにかく甘いモノを口にして下さい。

キャンディや羊羹など、とにかく甘いモノを口にすると、元気が戻ってきます。

今回はこんぺいとうにお世話になりました。

飲み物なら、コーラやオレンジジュースなどの

砂糖がいっぱい入った飲み物をオススメします。

危機を脱した後は、食事をしっかり取ること!

-shared-img-thumb-gohan151214238662_TP_V

糖分を取るのは、あくまでも動けるだけの血圧と栄養を確保するため。

これだけではすぐにまた倒れてしまうので、しっかりと食事を取りましょう。

倒れた後は食欲がなくなりがちですが、それでも食べて下さい。

一口含む

よく噛む

飲み込む

これをひたすら繰り返します。

体に栄養が戻るまでひたすら食べるのです。

 

倒れる前に、生活リズムを見なおそう

-shared-img-thumb-pp_torakkuhashiru_TP_V

これはあくまでも、応急処置です。

貧血でしょっちゅう倒れるなんて、生活に響きます。

倒れないように、日々の生活を見直しましょう。

栄養と運動は十分ですか?

軽い運動とバランスの良い食事が何よりも大切です。

今回の場合

  • ここ数日運動をしていなかった。
  • 肉や野菜の少ない食事をしていた。
  • 生活リズムが夜型になっていた。
  • 睡眠不足だった。

思いつく限り、上げてみました。

どう見ても、倒れそうな条件がそろっています。

自由を手に入れても、健康を逃してしまえばまた不自由な生活になります。

今回ぶっ倒れたことを反省して、毎日30分は歩くことを決意するあやめなのでした。

それでは!