【表千家 不審菴短期講習会】びっくりするほど正座耐久値が上がります

a1700_000002_m

こんにちは、ガチレズクリスチャンのあやめです。

30歳までの表千家門下生が参加できる不審菴短期講習会の参加者です。

講習会に出て、点前をかなり直されましたが

上昇した能力値もありました。

正座耐久値です。

3日間家元のもとで正座をし続けた結果

一日正座をし続けていても、平気なくらい足が強化されました。

このレベルに至るまではかなり辛かったです。

足がしびれるというレベルをかるく超える

正座すると足がしびれるとよく言われますが

不審菴短期講習会では、足がしびれる人はほとんどいません。

そのかわり、足自体が痛みます。

不審菴短期講習会では、約三日間午前9時から午後5時まで正座して稽古をします。

休憩中やお昼休みのときくらいしか立ち上がるシーンがありません。

膝やくるぶしあたりに体重がかかり、足自体に大変なダメージ。

休憩が入るたびに立ち上がらないと足が持たないくらいです。

足がしびれるなんて状態はあっという間に突き抜けます。

 

座り続けて筋肉痛になる

3日間正座をし続けると何が起こるかというと、筋肉痛です。

ずっと正座したままということは、そのあいだ伸びっぱなしの筋肉があるということ。

自分の体重を支えているのですから、筋肉への負担もハンパないです。

2日目には足がボロボロ。みんな足のアチコチにシップを貼っていました。

唯一の救いが、食事をテーブル席でとることができたこと。

座敷席なら、もっと深刻なダメージになっていたことでしょう。

とにかく、筋肉痛とつきあう3日間です。

筋トレだと思って座り続けるしかありません。

 

筋がつったくらいなら正座が余裕になる

わたしに限った話ですが、研修会初日に盛大にコケたため、右足を痛めていました。

稽古2日目の朝には足の裏がつって死ぬかと思うほど痛かったです。

研修会では、稽古に参加できなくなるとリタイアという厳しい決まりがあり

わたしはまさにリタイア寸前のコンディションだったのです。

本当に立てなくなった時がリタイアの時だと腹をくくり

時間がないときには、容赦なくダッシュ。

正座のときには、どうしたら足をかばいながら座れるかの研究をしました。

その結果、多少足が痛んでいても正座ができるという能力を手に入れました。

 

結果:一日正座くらいだったら平気になる

そんな過酷な研修を終えたおかげで

一日中正座をし続けていても、足がしびれることはなくなりました。

ずっと座った後に立ち上がるときのコツもつかみ

スムーズに移動することができます。

お茶を習うならば、長いあいだ正座できるスキルは必須です。

表千家の門下生だったら、研修会に参加してサクッと正座耐久値を上げてしまいましょう!