クリスチャンだけどオタク趣味を持っていいの?と心配なあなたへ

a0100_000022_m

こんにちは、あやめです。

ガチ百合クリスチャンです。

  • 百合オタク
  • レズビアン
  • クリスチャン

この3つが共存している不思議な人です。

2014-08-16 10.33.11

ちいさいころから教会に通っていると、アニメやマンガにハマったとき

ちょっと暴力的なシーンやエロいシーンのある同人誌は

果たして、見ていいものなのかと

生真面目なクリスチャンは考えたことはありませんか?

今回は、ガチ百合クリスチャンの考える趣味の役割について解説します。

 

趣味は個性になる

わたしが読んでいるキリスト教のリアルでは

個性的な趣味をもっている牧師の話が出てきました。

東京ルーテル教会の関野和寛牧師はキックボクシングやロックというややぶっ飛んだ趣味で

それを活かして、他の牧師とバンドを組み牧師ROCKSを運営しています。

 

もしかして、布教のため?と思うかもしれませんが、楽しいからだそうです。

また、日本基督教団の川上咲野牧師はジャニーズのファンです。

牧師ということばを聞くと真面目なイメージになりますがそこに趣味を足すと

 

牧師×キックボクシング×バンド=関野和寛

牧師×ジャニーズ=川上咲野

かなり個性的ですよね。

 

わたしも、自分に自信がないときは百合が好きなことを表明できませんでした。

結果、無個性人間となってコソコソ生きていました。

しかし、百合が好きなことになってからは

 

クリスチャン×百合

という超個性的な自分を見つけることができたのです。

せっかく神さまに個性的に作ってもらったのですから、存分に表現しましょう。

 

趣味はもう1つのいやしになる

好きなことをしている時って

それまで頭のなかでグルグルしていたイヤなことが

すっとなくなっていませんか?

 

趣味は、それくらい自分を癒す力があるのです。

東京ルーテル教会の関野和寛牧師は、キリスト教のリアルで趣味の話を聞かれたとき、こんなことを話しています。

関野 僕は3つあって、ひとつはさっきも言ったキックボクシングですね。ジムに行くと、牧師とか関係なく体と魂のぶつかり合いです。そうすると自分が誰であるとか、信仰のことや人間関係で悩んでいるとか、そういうのが吹っ飛びます。やっぱり週一回、ただの人間に戻れる時間が必要です。

ポプラ新書 キリスト教のリアル109p

牧師でさえも、いや牧師だからこそ人間になるときがあるのです。

クリスチャンという肩書にこだわって自分をしばる必要はありません。

 

どんなに暴力的なシーンやエロいシーンがあったとしても

それは作られた作品です。

作品のなかで楽しんで、リアルで生きる糧にすればいいのです。

 

必要なときは趣味にどっぷり浸っていやされましょう。

趣味と信仰は矛盾しない!