古の空気を感じる千葉のお花見スポット、香取神宮のご紹介!

2016-04-11 15.22.27

こんにちは、あやめです。

行きたくていってしまいました!千葉県香取市の香取神宮!

今回は、太古の息づかいを感じる神社、香取神宮について紹介します!

 

香取神宮とは?

茨城県の鹿嶋市の鹿島神宮、神栖市の神栖神社と共に東国三社と呼ばれる神宮です。

祀っているのは、御祭神経津主大神(ふつぬしのおおかみ)という

出雲の国譲りに出てくる武神。神話に出てきてしまう神宮なのです。つよい。

蝦夷攻略の拠点になった神宮なので朝廷とのゆかりがあり

本殿には、菊の御紋が入っています。

2016-04-11 14.23.04

武神を祀っていることから、武家の信仰を集める神宮でもあります。

鳥居をくぐると、なんだか背中がパリッとするような独特の空気が流れる神宮です。

 

練習巡洋艦「香取」の名前のもと

旧日本軍が持っていた、練習巡洋艦「香取」

この香取神宮から名前をとっています。

本殿のとなりに宝物館という建物があり、

2016-04-11 15.20.21

そこで練習巡洋艦香取ゆかりの品が見られます。

大人300円です。

今回は見送ってしまいました。

 

 

香取神宮はどこにある?

東京からだと、行き方は3通り。

自家用車の場合は佐原香取インターで降りて2分ほどでつきます。

高速バスなら関鉄グリーンバス「佐原廻り麻生行き」 80分で1750円。

電車なら、普通電車で150分1663円+バス,タクシーで10分

桜の時期をビミョーに逃してしまいましたが、

今回それでも満開だったので来てしまいました

駐車場からの桜

2016-04-11 14.09.16

ちょっとわかりにくくなっていますが、坂道にそって桜が植えられています。

この坂を車で登ったら、気持ちいいだろうな。

境内の前の桜

2016-04-11 14.13.37

丘の斜面にも桜が植えられていて

立体的なお花見が楽しめます。

ベンチなども用意されているので、お団子などをかって食べても楽しそうです。

 

境内の桜

2016-04-11 14.14.34

香取神宮は、小高い丘の上に建てられているため、道は緩やかな坂道です。

今は緑色ですが、もみじの木もありましたので

秋には紅葉を楽しめそうです。

歩いていると、異世界に迷い込んだような感じがしてきます。

 

池の桜

2016-04-11 14.17.44

昔はここでみそぎをしていたのでしょうか。

桜の花びらが落ちて風流な景色になっていました。

ここには写っていませんが、池の近くにはベンチもあり

この景色をみながら休憩をすることもできます。

 

鳥居の桜

2016-04-11 14.18.30

一番初めの写真に写っていた鳥居です。

上からみても大きいですが下から見上げるとこの迫力。

桜と一緒にうつると桜を背負った大きな背中のような安心感。

かっこいいということばが似合う景色です。

 

 

桜並木の下を歩くようなお花見とはちょっと違いますが

林の中でさく桜の美しさに心が奪われます。

淡々と咲く花を見るなら香取神宮がおすすめです。