伝道モード:ガンガン行こうぜ!「キリスト教のリアル」対談者晴佐久昌英神父について解説します。

カトリック・プロテスタントの枠を超えたキリスト教界の応援団長。

こんにちは、あやめです。

キリスト教のリアルもう読みました?

キリスト教のイメージがふっとぶ本です。

面白いですよ。

 

本日はキリスト教のリアル対談者、晴佐久昌英神父について解説します!

晴佐久昌英

カトリック多摩教会主任司祭(1)。1957年東京都生まれ。カトリック信者の両親のもと、教会大好き少年として育つ。少年時代の後半は、多摩教区のカトリックの青少年の交流・活動の場であった「多摩ブロック」に積極的に関わる。東村山の自宅は、多くの人々が集う一大拠点となる。上智大学神学部、東京カトリック神学院卒。87年に司祭になる。2009年より現職。美術、音楽、映画、演劇が大好きで、毎夏の無人島生活は28年目。「福音を説明する司祭ではなく、福音を宣言する司祭」として、カトリック教会だけではなく、プロテスタント教会、各地での講演会、大学などでも福音を宣言する。エッセイ集、詩集、絵本、日めくりカレンダー、説教集、信仰入門集等、著書多数。近著に『福音宣言』『幸いの書』『十字架を切る』などがある。

ポプラ社 松谷信司著 キリスト教のリアル p69 2016年

(1)2016年4月よりカトリック浅草教会・カトリック上野教会に赴任。

 

 

キリスト教のリアル出版記念礼拝でメッセージをしてくれた神父です。

プロテスタント教会出身のわたしにとって、

神父はあまりイメージができない人でした。

 

サンタクロースみたいな体型で温厚な人

というイメージを勝手にもっているくらい。

 

しかし、晴佐久神父はそのイメージをカンペキにぶっ壊してくれました。

細身でめちゃくちゃ信仰にアツい人です。

 

晴佐久神父はキリスト教の真理を伝えたくて仕方がない

 

本当はもっともっと福音を聞きたい人は大勢いて、真理によって自由にされたい人も大勢その辺を歩いているのに。

 

 

わたしはこのまま生きていていいの?

そうやって生きている人達がいる。

その人に真理を伝える現場があるならば、それがキリスト教の真理だと思う。

きっと、晴佐久神父に言わせれば、神が私に話をさせてくれているんだ!

といいそうですけれども。

 

キリスト教の真理を伝えたくて仕方がない。

人を救う真理があることを伝えたくて仕方がない。

パッションあふれる神父でした!

 

晴佐久神父はキリスト教界の応援団長である!

今の教会ほんとうにいいのかと、どうしてもいいたい。

普通に考えて、まともな組織が、

年間3%新しい人が入ってこなくて健全なはずがない。

どうしたって淀んでいく。

自閉的になっていく。

当然のことです。

 

キリストの教会がしぼむはずがない。

キリスト教のリアルはどんどんふくらんでいくし、

わたしはその証をしたい。

日本の教会はこれからです。これから教会を育てていこうじゃないですか。

新しい訪問者が来るのをあきらめ、

いつもの人だけが集う教会にとって

晴佐久神父のメッセージは

 

もう一度外にいる人へ声をかけに行こう!

という布教の情熱を再び燃え上がらせてくれるような

力強さを感じると思います。

 

毎週の教会にマンネリを感じている人は

ぜひ一度晴佐久神父のメッセージを聞いてください!

 

キリスト教の本質、リアルを感じます。

もう一度いいましょう。

晴佐久神父は、キリスト教界の応援団長である!

(081)キリスト教のリアル (ポプラ新書)
松谷 信司
ポプラ社
売り上げランキング: 123,843