百合が聖書にもあるってしってる?:聖書ナナメ読み

こんにちは、ガチレズクリスチャンのあやめです。

聖書と聞いてただの分厚い本だと思ったら大まちがい。実はBLから大奥モノまで取り揃えているというエンタメ性のある読み物でもあるのです。

今回はわたしがイチバン百合萌えする聖書箇所、ルツ記をお教えします!

 

ルツ記:母子百合×シンデレラストーリー

ツイッターでも、ときどき百合モノとして紹介されるルツ記

 

一体どんな話なのでしょうか。

あらすじ

士師記』の時代、ユダベツレヘム出身者であるエリメレクは、妻であるナオミと二人の息子を伴ってモアブの地に移り住んだ。二人の息子はその地の娘達と結婚するが、やがてエリメレクはその妻ナオミを、二人の息子達もそれぞれの妻オルパとルツを残したまま死んでしまう。そこでナオミは夫の故郷ユダに帰ることを決意し、息子達の寡婦となった二人に対し、それぞれの故郷に帰るようすすめる。しかし、ルツだけはナオミのそばにいることを望み、こうして二人はエリメレクの故郷、ベツレヘムへと帰郷した。

出典:ウィキペディア

 

イチバンの百合萌えシーン!

 

ルツ記1章14節~18節
14彼女たちはまた声を上げてなき、オルパはしゅうとめに別れの口づけをしたが、ルツは彼女にすがりついていた。

15ナオミは言った。「ご覧なさい。あなたの弟嫁は、自分の民とその神のところへ帰って行きました。あなたも弟嫁にならって帰りなさい。」

16ルツは言った。「あなたを捨て、あなたから別れて帰るように、私にしむけないでください。あなたの行かれるところへ私も行き、あなたの住まれるところに私も住みます。あなたの民はわたしの民、あなたの神はわたしの神です。

17あなたの死なれるところで私は死に、そこに葬られたいのです。もし死によって私があなたから離れるようなことがあったら、主が幾重にもわたしを罰してくださるように。

18ナオミは、ルツが自分と一緒に行こうと固く決心しているのをみると、もうそれ以上は何も言わなかった。
いのちのことば社 聖書 新改訳 1970年

ルツさん、絶対コレ告白でしょ。そうなんでしょ。ナオミさんと結婚してしまえばいいのに。

百合臭しか感じない!

 

ちなみに後半は新天地で落ち穂拾いしてたらそこの主人に気に入られて、困難を乗り越え玉の輿にのるというシンデレラストーリーになっています。

え、結婚てどういうことって怒るな百合クラスタ。

百合というのは一瞬のかがやきが大事なのだから。

あとこの人いないとイエス・キリスト生まれないから!
(ルツさんは、その後登場するダビデ王のひいおばあさんで、イエス・キリストの16第前の祖先)
ちなみに百合目線でなくてもここが好きだという方は多いようで

 

クリスチャン夫婦でも、娘にルツさんと名付ける方がいるほど。

30分位で読み終わるようなほんとうに短い作品なので、みなさんぜひ読んでみてください。

聖書解釈も知りたい方には、サザエのお裾分けさんのブログがいい感じです。

 

聖書が近くにない人は、この記事に紹介されている新改訳聖書アプリがおすすめです!