バス利用でもチャージを使いたい私が考えたビッグカメラSuicaカードの活用法

こんにちは、あやめです。

コミケへ行くときに移動をスムーズにしたいと思いたち、ビッグカメラSuicaカードを申し込んでいました。

私が狙っていたのはオートチャージ。

Suicaの残金が少なくても、自動的にチャージを行なってくれるという夢の様なシステム。

これがあれば、毎回改札やファミリーマートに行くことなく、高速バス→会場バスへの移動がスムーズにできると目論んでいました。

 

そして、昨日ビッグカメラSuicaカードが届き、ワクワクしながら台紙からカードを剥がした時にその文字は目に入りました。

2016-02-09 10.25.51

(バスではオートチャージサービスはご利用いただけません)

あれ、考えていたことと違う・・・。

急いでHPを確認しました。

 

 

要注意:オートチャージはSuica・PASMOエリアのみ!

2016-02-09_1136

VIEWカードHPより

 

ちょっと遠目ですが、全部線路図ですね。

バスの場合、Suica・PASMOは使えますが、チャージはできないという結論に・・・。

期待が高かったので、ちょっとつらいです。

 

どうにか使える手段はないかとHPやご利用ガイドを読み漁りました。

結果私がたどり着いたのがモバイルSuicaを利用するということでした。

 

 

モバイルSuicaとは?

ケータイ端末からチャージを行う方法です。

私の愛機ARROWSにはおサイフケータイ機能が搭載されています。

モバイルSuicaへのチャージで移動のロスできるだけなくすことにします。

ビッグカメラSuicaカードならば、モバイルSuicaの年会費が当面無料になるのでお得です。

 

 

 

モバイルSuicaのメリット1:持ち物をひとつ減らすことができる

コミケからの帰り道は、お宝をいっぱいに抱え体中が筋肉痛になっています。

そんな時にどのポケットにカードをしまったのかを忘れて、あちこち探すのはまた大変です。

モバイルSuicaなら、Android1つで決済ができるのでカードを探す手間も省け、快適に移動することができます。

 

 

モバイルSuicaのメリット2:いざというときの食費に使える

どうしてもお腹が減った、喉が渇いた時にSuicaの使える店に行けば当座をしのぐことができます。

これは最終手段なので、あまり当てにしないように気をつけます。

 

 

モバイルSuicaのデメリット:Androidがなくなった時に詰む

Androidの電池が切れたり盗まれた場合、移動手段を一気に失います。

コミケでの情報収集に明け暮れて電力を消費しないように気をつけることにします。

 

 

最後に:楽しい百合ライフを送るために

ビッグカメラSuicaカードはクレジットカードです。マネーフォワード等と連携して支出を把握しましょう。

お金を使いすぎて、百合が買えないとなれば本末転倒です。今やフリーの身なのでお金の収支についてはより真剣になって取り組みたいと思います。