私が5000字以上の百合小説にこだわる理由

こんにちは、あやめです。

今月中に今年はじめての百合小説をアップするべくガリガリと執筆しています。

目標は5000字以上です。

7000字程度になるのではと予想しています。

今年はじめての百合小説なら、もっとさくっと書いてもいいじゃんという意見もあるかと思います。

実際やろうと思えば2~3000字の小説もかけます。

noteには何作か上げてあるとおりです。

でも今回はどうしても書き上げたいのです。

 

2~3000字では文字数が足りない

私は女の子が出会った経緯から共有している出来事を書き込むのが好きです。

しかし、2~3000字だと、どうしてもはしょりが出てきます。

今回は復帰第1作。

自分の萌えをしっかりと書き込みたいのです。

 

もともと5000字以上書くタイプだった

星空文庫の書きかけ小説を整理していた時のことです。

すでに5000字を超えた未完成作品が大量に残っていました。

途中から2~3000字に落ち着いてしまって忘れていましたが

私は元々5000字以上書くタイプの百合書きだったのです。

今回の引っ越しで思い出すことが出来ました。

 

5000字以上の小説執筆は伝説のポケモンとのバトル

はっきり言って5000字以上の文章を書くのは大変です。

書いている途中で疲れてくるし、終りが見えないこともあります。

それでも、自分に降ってきた百合を捕まえて文字に起こすことは

私にとって伝説のポケモンと対峙するような気持ちに似ています。

ダークボール大量に買い込んで異常状態にしてひたすら投げ込む。

いくら自分に有利な状態にしていても相手は伝説のポケモン。

そう簡単には捕まってくれません。

やっとボールが3回揺れてカチッという音を聞いた時は嬉しくてガッツポーズが出るのです。

小説も同じ。

何度も何度も読み返して最後の一行を書き加えた時。

ようやく書き終えたという安堵感と、自分の萌えが見える形になったという嬉しさに包まれるのです。

 

創作とはいつでも自分の中の萌えと戦える場所

創作は自分の萌えの泉が枯れることがない限り書き続けることができる最高のエンターテイメントです。

私は久々にその楽しさの中に身を委ねています。

例えどれだけ時間がかかろうと、自分の大好きな萌えを表現したい。

それが5000字以上必要な作品であるならば、最後まで書ききる。

なんだったら1万字まで付き合う。

 

 

それが5000字以上の百合小説にこだわる理由です。