百合は世界を救うと叫ぶブログはこちらです

こんにちは、あやめです。

最近百合語りが楽しくなってきました。

 

最近百合を考えていて気付きました。

百合というのは平和な空間でしか発生しえない現象なのではないかと。

 

百合の設定を考えてみる

平成において百合現象が見られる空間は学校・自室・ベースなど。

学校といえば、マリア様がみてる、ストロベリー・パニック、日常など。

自室はヤングガン・カルナバルが思い当たります。

ベースはがっこうぐらし(学校ジャンルとかぶりますが、舞台設定的にはベースのほうがしっくりきます)

どのジャンルも、他の空間から隔絶された安全な空間で百合は展開されています。

やっぱり安心できないとイチャイチャは出来ないです。

つまり、百合なイチャイチャを期待するならば、何かしらかの落ち着きスペースが用意されていることを期待しなければいけないのです。

 

戦闘シーンと百合いちゃシーンが萌えを加速させる

え、百合でもたまに戦闘してるよね?という人もいるかと思います。

戦闘百合といえば、プリキュア、ストライクウィッチーズ、ガールズアンドパンツァー、魔法少女まどか☆マギカ、魔法少女リリカルなのはシリーズ等が思い当たります。

しかし、共闘というシチュエーションは、二人の絆をより強めるという作用があります。

さらに、舞台を細分化すると
 

プリキュア…学校やお店(ベース)

ストライクウィッチーズ…基地

ガールズアンドパンツァー…学校まるごと戦艦の上

魔法少女まどか☆マギカ…学校やマミの部屋

魔法少女リリカルなのは…最新作は同棲してるよ!
 

等など、所々で百合シーンが用意されています。

戦闘で強めた絆を安心できる空間で再び確かめ合う…この緩急は百合萌が加速します!

今ブログ書いてて高まりました!

 

戦闘と百合を両立させる制約

戦姫絶唱シンフォギア…戦闘中にめっちゃ歌う

バルキリードライブ…イチャイチャしないと戦闘できない
 

等、何らかの制約を入れておく必要があります。

それらの制約は、真面目な戦闘シーンをユーモラスに描く作用があり、あまり百合に馴染みのなかったアニメの好きな方にも百合が知られやすくなるのです。

 

これを踏まえた百合の理想郷

小さなベースが世界各地に展開されたらどうなるでしょう。

そして、その地域全体で百合いちゃシーンが見られるようになったらどうなるでしょう。

百合は平和な空間でしか展開されないのであるならば、百合が展開されている空間は平和。

つまり、百合現象が世界各地で見られるようになれば、世界は平和になったといえるのではないでしょうか。

百合が各地で見られる世界こそ平和な世界。

百合は世界を救うのです。

 

百合を広めるために、百合で世界を平和にするためにこのブログは存在します。

という酔っぱらいの百合主張をお届けしました!