単純作業ならモグラにもできる!継続が一番強い話。

最近、整体をしているおじさんの家にモグラが発生しています。

おじさんはあの手この手で駆除をしているのですが、何度も現れるとのこと。

おまけに、モグラの巣は硬い石の下にあり、手がつけられないそうです。

「いっそ、巣の周りに柵でも巡らせてしまえばいいんじゃないですか?」

「一回やってみたんだけどね、柵の下まで穴掘られちゃうんだ。」

その時、モグラの姿とブロガーの姿が重なりました。

1.どうしてもたどり着きたいところがある

なぜ、モグラが発生するか、そこには餌となるミミズが大量にいるからです。

ミミズだけを追い求め、駆除されるリスクを負ってでも着きたい狩場なのです。

ブロガーも同じ。

なぜブログを書き続けるのか、それは届けたい言葉があるから。

炎上するリスクを負ってでも、やりたいことがあるからやめられないのです。

2.困難にあったらやること:単純作業の継続

一度地面に柵を立てられてしまったら、モグラはどうするのか。

ひたすら、下へ、下へと掘り進めます。

そして、柵をくぐり抜けて土壌の豊かな土地へと舞い戻るのです。

ブロガーも、日常生活で困難に遭うことがあると思います。

財布を落とした、猫を弔った、どうしても生き延びなければならない。

そんな時にどうすればいいのか、それすら糧にしてブログを書き続けるのです。

3.避けきれない困難にあったら:新天地を求める

ミミズ駆除剤を使うと、餌のミミズがいなくなるため、モグラはいなくなるそうです。

いなくなったモグラはどこへ行くか、新たな新天地を求めます。

ブロガーにも関係のある話です。

このブログは、ライブドアブログを利用して書かれています。

もしも、ライブドアさんを怒らせてしまったら、このブログは消されてしまうでしょう。

その時は、新たな表現の場を求めて、他の方法を実践していくと思います。

結論:単純作業の積み上げは、モグラにもできる!

どこかではわかっていましたが、モグラを通して考えさせられました。

以上!