お金の本を読むと分かる3つのこと

こんにちは、ガチレズクリスチャンのあやめです。

 

Kindleを500冊以上買い込む本大好き人間です。

特にお金の本は、人生で役立つことが多く楽しく読むことが出来ます。

今回は、私がお金の本で学んだことを紹介します。

 

お金は羽が生えている

 

なぜお金に対する不安が消えないのか。

そのひとつに、毎月いくら使っているのかわからない事があります。

気がついたら、その月のお給料が全て無くなっていた…なんて経験ありませんか?

 

何故消えているのか、それは見える形でお金を使わなかったからです。

 

こんなことで簡単にお金は後を追えなくなります。

  • 自動販売機でジュースを買う
  • 会計のときにレシートをもらわない
  • 友達同士でお金のやり取りをする

 

まるで羽が生えて飛んでいったように速攻で分からなくなります。

お金は使うときには一気に飛び立ってしまうもの。

家計簿アプリを活用すると、自分が何にお金を使っているのか一気にわかります。

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿

家計簿マネーフォワード-自動連携で簡単 人気の家計簿
無料
posted with アプリーチ

 

生活に関わるお金の不安は、この本で大体解決できます。

ローンや、保険などの疑問についても、マンガでわかりやすく解説しています。

誰も教えてくれないお金の話 (Sanctuary books)
うだひろえ
サンクチュアリ出版
売り上げランキング: 3,519

 

 

お金は仕組みで貯まる

お金を一定以上貯めている人は、自分ルールでお金をためています。

誰でもできる貯蓄法を実践した本多静六はこのような取り組みをずっと貫き通していました。

 

いくらでもいい、収入があったとき、容赦なくまずその四分の一を天引きにして貯金してしまう。そうして、その余の四分の三で、いっそう苦しい生活を覚悟の上で押し通すことである。

私の財産告白

 

余った分を貯金するのではなく、天引き貯金という仕組みを作っているのですね。

忙しいサラリーマンには、放っといても貯まる仕組みづくりが必要なのです。

私の財産告白
私の財産告白

posted with amazlet at 17.07.17
実業之日本社 (2013-12-20)
売り上げランキング: 156

お金は種である

お金は、世界中にあるどんなことにもだいたい変えることが出来ます。

  • 時間短縮のためにヘリコプターを使うこと
  • 美味しいご飯を食べること
  • 新しいスキル獲得のためにセミナーに通うこと
  • 投資の資金にすること

 

お金は残高の数字ではなく、自分がやりたいことをするための種なのです。

どんなことでも大事に育てていけば、素晴らしい収穫が待っています。